絶対にここでしか見られない!屋久島ツアーの魅力

涙なしには見られない!ウミガメ産卵ツアー

屋久島には(永田いなか浜)という場所があります。ここは日本一のウミガメ産卵となっています。産卵シーズンは毎年5月から始まり、6、7月にピークを迎えます。ウミガメは人や光にとても敏感な生き物ですので、注意してツアーに参加する必要があります。参加するにあたってまずは、観察ルールのビデオを見ます。更に、スタッフからレクチャーを受けて、その後ウミガメが上陸し、産卵体制になるまで小屋の中で待ちます。相手は動物なので、時には2時間程待つこともあります。そしていよいよ産卵へ。産卵時間はおよそ1時間です。60センチほどほられた穴に100個以上の卵をうみます。卵は柔らかいので、穴の中で重なったり押しつぶされたりしても、われることはありません。産卵後は大地の熱であたためられておよそ60日でふ化していきます。この瞬間の感動は、実際にツアーに参加しないとわかりません。産卵の時に母ウミガメは泣いているようにみえます。この涙に感動するのですが、これは体に海水が入っていると、産卵の際に生命の危険があるために、目から排出しているのです。これが泣いているようにみえるのです。

歩かなくても行ける!紀元杉の魅力

「屋久島に行くと、縄文杉を見るためにすごく歩くのかな。」と思っている方も多いと思います。そんな方におすすめしたいのが紀元杉です。紀元杉は標高1200メートルのところにあり、すぐ近くまで車で行くことができます。樹高19,5メートル、胸高周囲8,1メートル、推定樹齢3000年といわれています。ヒノキ、ヤマグルマ、ナナカマドなどおよそ12種類の着生樹あり、樹上に育っているとは思えない大きさに育っています。屋久島に行ったら絶対に外せない場所です。

屋久島ツアーは、個人ではなかなか行くことのできないスポットへ連れて行ってくれたりするのでとてもオススメです。料金もお得になっています。