車検に対する様々なうわさは本当なのか検証

「使用年数が長いと車検は1年間隔になる」は本当か

車検は日本の公道を走る乗用車に対して義務付けられています。新車として購入する場合は3年目に初めて車検を受けますが、それ以外の車は2年おきに車検を受けます。例えば、中古車で購入した場合は、車検が2年付いていれば2年おきになります。また、新古車の場合も、2年おきになります。では、使用年数の長い車の車検は1年おきなのでしょうか。噂では古い車は1年おきに車検行わなければならないというものがあります。このうわさは、結論から言うと嘘になります。どんな古い車であっても、車検は2年に一度になります。その代わりどの車も法定点検として1年間に一度は点検しなければならないように義務付けられていますので、古い車であっても問題ありません。ただ古い車の場合は、車検費用が高くなります。具体的に説明すると、新車から13年経過した車は重量税が高くなります。結果的に車検費用が高くなるわけです。

「車検を受けないと懲役刑になる」は本当か

次に、車検を受けないで公道を走ると禁固刑になるというのは本当でしょうか。これについては本当です。これは法律に定められてあり、車検を受けずに公道を走ると、5年以下の懲役刑か50万円以下の罰金になります。このように、査定を受けなければ一定の罰則が与えられてしまいます。そのため、車検の期限が過ぎてしまった場合は、車検を受ける前に仮ナンバープレートを取得しなければなりません。仮ナンバープレートを取得して車検場まで車を持っていきます。これによって車検を受けることは可能になります。

エネオスで車検を依頼するメリットとして、手続きの料金を安く抑えられることや、親切なスタッフに対応を任せられることがあります。