車検を受けられる場所とその違いについて知っておこう

車検の種類を知っておこう

車検を受ける場合は、ディーラーで受けるのかそれとも町の整備工場で受けるのか、あるいはそれ以外のところで受けるのかを決めなければなりません。新車で車を購入した人の多くはそのままディーラーで車検を受けることが多いです。なぜなら、ディーラーの方で車購入時に点検パックをつけてくれるからです。点検パックに入ると 1年点検や車検などを割引してくれる業者もあります。車を購入した時には、思わず点検パックに加入してしまう人が多いため、そのままディーラーで車検を受けることになります。ディーラー以外で車検を行っているところは町の自動車整備工場です。町の自動車整備工場の強みは、様々なメーカーの自動車の車検を受け付けているところです。またディーラーよりも若干費用が安くなるというメリットがあります。それ以外にも、フランチャイズの車検場や、ガソリンスタンドでの車検、カー用品店での車検など様々なものがあります。

ユーザー車検の特徴とは?

費用を一番に考えるならば、ガソリンスタンドの車検やカー用品店の車検を利用してみてもいでしょう。ディーラーなどに比べると1万円以上は割引きしてくれる可能性があります。それ以外にもユーザー車検というものがあります。このユーザー車検の特徴は、費用が非常に安いことです。ガソリンスタンドやカー用品店よりもさらに安く車検を受けることができます。ただし、自分で陸運局に車を持って行かなければなりませんので、手間がかかります。また書類なども全部自分で用意して記入していきます。

車検において交渉で値引きが出来ることがあります。法定費用と呼ばれる税金以外の費用を交渉しましょう。コツは複数の業者に車検の費用の見積りをとり、見積書を使って交渉しましょう。同業同系列社間で効果的です。